本文へ移動

自立移行住宅 あーすろーど

自立移行住宅「あーすろーど」とは

自立移行住宅のイメージ(模型)
 あいえるの会では、地域での自立を目指す障がい者のために、自立移行住宅「あーすろーど」を建設しました。
自立移行住宅「あーすろーど(地球への道)」という名前には、理事長の3つの思いが反映されています。
 
  1. 地球の大地に根付かせる自立生活
  2. 障がい者自身の動き(道(ロード)を歩む)が社会を変え、さらに地球を守ることに繋がると信じて
  3. 障がい者の自立を明日(アース)につなげていき、後輩の自立を促していく
 
 あいえるの会の自立移行住宅は、生活の全てにおいて介助が必要な、重度訪問介護を利用して生活する人たちが入居対象になります。グループホームや入所施設のように管理人や常駐のスタッフは置かず、入居者は自分で介助者を確保し、自分の生活を組み立てます。
 一方で、最初から全くサポートなしというのは不安な部分があるかと思いますので、実際に自立をしているあいえるの会の当事者がILP、ピアカンなどの必要なサポートを行う予定です。
 
 住宅を建設するにあたって、一番こだわったのは“場所”です。通常、障がい者のための施設は郊外に建設されることが多く、疎外された感があります。人が生活し、賑わっている街なかに住宅を建設することで、日常的に地域の皆様と触れ合い、関わりが増えることで、障がい者の理解につながると信じています。
 
 自立移行住宅では、3年をメドに地域へ移行してもらうこととなっています。入居中に金銭管理、介助者について、地域との交流について等、地域で生活するために必要なことを先輩たちから学びます。
 ここから多くの障がい者が自立していくことを願っています!

「あーすろーど」ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

自立第1号の三宅さんに、担当の橋本理事がインタビューを行いました

2023-01-23
 あーすろーど担当の橋本理事が、自立第1号の三宅さんにインタビューを行いました。動画にてお届けします。下記のURLからご覧ください
  

担当の橋本理事から新年のご挨拶です

2023-01-12
新しい年を迎えました、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
担当の橋本理事から動画にて新年のご挨拶です。
下記のURLからご覧ください。

入居者3人が交流スペースでお話をしている様子をお伝えします。

2022-12-15
 三宅さんの激励会のあと、入居者の3人が集まってお話をされました。コロナ禍でなかなか集まって何かをするということは出来ない状況でしたが、この2年間ここに集まって、掃除当番やごみ当番なども自分たちで話し合い、共同生活をされました。そんな話もTUFの深谷さんに聞いて頂きました。
 本栁さんは、2年前に入居された頃は、取材とかは遠慮したいと、言葉少なかったのですが、今は堂々されていて思いや要望等話されています。今回、3人でのお話が終わったあと、深谷さんに「私の部屋見てってください。畳でこたつの暮らしをしてるんです。私は、足が冷たいから、こたつがないと暮らせないんです。トイレも和式に改造したんです。自分が使い易いようにして生活しています。これから、ここを出た時も、この体験を生かしてやっていきたい。なかなか住むとこ、見つからないんですが」と話されていました。本栁さんも緑川さんも、近く、一人暮らしを始めると思います。あーすろーどは寂しくなりますが、自立者が一人二人と出てくるのは、嬉しいことです。(今回、和泉さんは帰省中のため不在でした)
向かって左から三宅さん、緑川さん、本栁さん、TUFの深谷さんです。
本栁さんのお部屋です。「私の部屋、見て行ってください」と深谷さんに話して映像を撮っていただいていました。

自立第1号の三宅貴大さんの激励会を行いました

2022-12-14
 先日お知らせしましたが、自立第1号の三宅貴大さんの激励会を開きました。当日は、TUF(テレビユー福島)の深谷さんが取材に来てくださいました。理事長はじめ、自立生活プログラムの担当、2年間一緒に生活を共にした本栁さん、緑川さんが参加しました。
 はじめに三宅さんの意気込みを話していただき、その後、理事長や担当、あーすろーどのお二人から、激励の言葉をかけていただきました。最後にもう一度、三宅さんから、激励の言葉を聞いての感想、今後の事について話してもらいました。
 理事長からあいえるの会からのお祝いが手渡され、励ましの言葉をたくさんもらって、三宅さんはうれしそうでした。これから、あーすろーどとは違った生活になります。不安もあると思います。いろいろな場面にぶつかると思います。それでも、励ましの言葉の中にもありましたが、困った時はあいえるの会や仲間たちに相談して、一人暮らしを謳歌して欲しいと思います。

三宅さん(右)に白石理事長(左)から激励の言葉を、そして、お祝い金をいただきました。
あーすろーど入居者の緑川さんから激励の言葉をいただいています。右端が緑川さんです。
あーすろーど入居者の本栁さん(右手前)からも激励の言葉です。秋元副理事長(右から2人目)は自立生活プログラムの担当者としてお話してくださいました。

入居者の三宅貴大さんがあーすろーどを出て、本当の意味での一人暮らしをはじめることになりました。

2022-12-09
注目
 12月中旬、三宅貴大さんがあーすろーどを出て一人暮らしをすることになりました。その話を聞いて、TUF(テレビユー福島)の深谷さんが来て下さいました。あーすろーどができる前のILP(自立生活プログラム)の様子、あーすろーどの建設中から完成、そして開所式と、ずっと取材を続けてくださっていました。あーすろーどに「おめでとう!」と笑顔で来られて、「三宅さん、顔つきが変わりましたね。大人になった感じがします。」と声をかけてくださいました。今回は、三宅さんがあーすろーどからの一人暮らし第1号ということで取材を受ける事になり、その打ち合わせでした。入居してから2年ちょっと、一人暮らしに至るまでの、生活の様子、考えを深谷さんの質問に答えるかたちでお話されました。いろいろな葛藤があってここまで来たのだということがわかります。(テレビ放映が楽しみです)
 そこで、三宅さんから、動画にてみなさんにお知らせしたいことがあるとのことですので、是非、下記のURLからご覧ください。

TUFの深谷さん(中央奥)と取材を受ける三宅さん(手前)
深谷さん(手前)は、ずっとあーすろーどを追っていただいてます。
(2019年10月2日~11月18日まで挑戦していました)
【クラウドファンディング無事に達成!多くの方々のご支援、ありがとうございました!】
 自立移行住宅担当の大島です。皆様のご支援のおかげで、プロジェクトを成立させることができました。しかもセカンドゴールまで!ありがとうございました。
 
 工事は順調に進んでおります。来年4月の完成までには、皆さんから頂いた資金をもとに、自立移行住宅の共用備品を購入させていただきたいと思います。
 先日、リビング用のテーブルを見学に行って来ました。電動車いすで使用できるテーブルは高さが合わず、規定のものは難しいと思っていましたが、高さをオーダーすることができることを知りました。使いやすいテーブルを購入するために、利用予定者と相談しながら注文購入していきたいと思います。
 自立移行住宅には、たくさんの共用備品が必要です。皆様の応援に応えることができるように吟味して選び、大切に使わせていただきます。途中、どんな備品を購入したか、また工事の進捗状況も続けてお知らせしていきます。これからも応援よろしくお願いします。
 ご支援、応援本当にありがとうございました。
 

【ご支援いただきました皆様】(掲載ご希望の方のみ掲載しています)※順不同
〇50,000円以上のご支援
飯田しのぶ 様
株式会社トラベルデータ 様
特定非営利活動法人メインストリーム協会様
オク 様
特定非営利活動法人ちゅうぶ様
和泉文子様
チームもちもち様
白石清春様
 
〇30,000円のご支援
三宅貴大様
安孫子健一様
 
〇10,000円以上のご支援
田中恵美子様、水島秀俊様、増子由美様、柳沼清正様、特定非営利活動法人しんせい様
土屋葉様、緑川洋様、森和枝様、白石栄子様、今村登様、Tomoko Campbell様
ミヤK様、株式会社水魚代表取締役 名村考太様、宮本順子様
古市貴之様、添田祐司様・智子様、伊藤達宏様、丹野大様、國井康代様、角田ミキ子様、七海稔様、いとうようこ様
特定非営利活動法人
あいえるの会
〒963-8022
福島県郡山市西ノ内二丁目11-15
TEL.024-954-5504
FAX.024-925-4558
TOPへ戻る