本文へ移動

自立移行住宅 あーすろーど

2階が自立移行住宅あーすろーどです

自立移行住宅「あーすろーど」とは

自立移行住宅のイメージ(模型)
 あいえるの会では、地域での自立を目指す障がい者のために、自立移行住宅「あーすろーど」を建設しました。
自立移行住宅「あーすろーど(地球への道)」という名前には、理事長の3つの思いが反映されています。
 
  1. 地球の大地に根付かせる自立生活
  2. 障がい者自身の動き(道(ロード)を歩む)が社会を変え、さらに地球を守ることに繋がると信じて
  3. 障がい者の自立を明日(アース)につなげていき、後輩の自立を促していく
 
 あいえるの会の自立移行住宅は、生活の全てにおいて介助が必要な、重度訪問介護を利用して生活する人たちが入居対象になります。グループホームや入所施設のように管理人や常駐のスタッフは置かず、入居者は自分で介助者を確保し、自分の生活を組み立てます。
 一方で、最初から全くサポートなしというのは不安な部分があるかと思いますので、実際に自立をしているあいえるの会の当事者がILP、ピアカンなどの必要なサポートを行う予定です。
 
 住宅を建設するにあたって、一番こだわったのは“場所”です。通常、障がい者のための施設は郊外に建設されることが多く、疎外された感があります。人が生活し、賑わっている街なかに住宅を建設することで、日常的に地域の皆様と触れ合い、関わりが増えることで、障がい者の理解につながると信じています。
 
 自立移行住宅では、3年をメドに地域へ移行してもらうこととなっています。入居中に金銭管理、介助者について、地域との交流について等、地域で生活するために必要なことを先輩たちから学びます。
 ここから多くの障がい者が自立していくことを願っています!

自立移行住宅あーすろーどのご利用について

1.どんな人が利用できますか
  • 常時介助が必要で自立を目指している方
  • 一人暮らしをした時に、重度訪問介護を利用しないと生活が難しい方
  • ILP(自立生活プログラム)、ピア・カウンセリングの受講ができる方
  • その他、理事長判断にて許可が出た方

2.入居時にかかる費用はいくらですか(201~204号室の4室)

  • 家賃   30,000円/月
  • 敷金   90,000円(家賃の3ヶ月分)
  • 水光熱費 30,000円/月
  • 共益費    1,000円/月

3.入居時に必要なものは何ですか?(利用期間は3年以内)

下記以外の生活に必要なものは、全てご用意ください。

  各部屋に、設備として、エアコン、トイレ、ミニキッチン、カーテンが付いています。

  共有スペースには、風呂、洗濯機、キッチン、電子レンジ、電気ポット、冷蔵庫、テレビ、加湿器が設置されています。風呂は二つあり、一つにはリフトが付いています。

4.1泊から利用できる部屋があります(205号室)

利用料は1泊2日 2,000円

部屋には、電動ベッド、寝具がありますので、着替え等身の回りに必要なものがあればご利用いただけます。共有スペースの物も使用できます。

「あーすろーど」ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

いよいよ入居者が入ってきます

2024-06-13
 入居希望者が何人かいらっしゃいます。現在、入居に向けて準備が進んでいます。楽しみです。入居が決まりましたら、またお知らせします。
 今日は、担当の橋本理事のつぶやきです。
「みなさん、こんにちは。私たちあいえるの会は、誕生してから、30年を迎えることになりました。この間にも、いろいろな方の多大なるご協力とご支援を受けて、今の私たちの存在があるかと思います。本当に、ご協力いただいていることに感謝を申し上げたいと思います。これからの事を考えると、自然環境の厳しさや福祉予算が削られているような中で、私たちの今後、社会の中で生きて行く道のりは、一層厳しさが増していくものと思います。これからのことを胸に刻みながら、若い世代との、より良い結び付きを、地域や社会に対しての、一層の情報発信を続けていき、自分たちが忘れられることがないように、繰り返しになりますが、絶えず情報発信を続けていきたいと思っております。」
 今後もあいえるの会の応援よろしくお願いします。
 7月には嬉しいお知らせができると思います。

今年度は入居者を期待しています

2024-05-07
 今年度に入って2ヶ月目に入りました。4月にもご挨拶しましたが、再度、橋本理事から決意のご挨拶をさせていただきます。
 「あーすろーどの入居者確保に向けて、覚悟を決めてまいります。やはり、2階のあーすろーどに近づく度に思うことは、がら~んとしてて、入居する人がいないということは、自分たちのやって来た活動が、停滞してしまっているのではないかという気持ちになってしまいます。だからこそ、少しでも早く自立を目指す仲間たちが利用して欲しいといつも願ってはいるのですが、がらんとしている現状を見ていると、自分の不甲斐なさが身に染みてきます。
 そんなことを考えていたら、なんと入居希望者が3名いらっしゃるとのことでたいへん喜ばしいことと思います。入居されると街に出て行かれるわけですから、また同じことにならないように、働きかけは継続していきたいと考えております。これからもずっと募集活動を継続していきますので、皆様のご支援、ご協力をどうぞお願いいたします。」
 入居を希望される方がいらして、自立される方が増えていきます。こうして、少しずつ、一人でも多くの方が自立されて、それにともなって街の環境も良くなっていくことを願っています。
 自立希望者の入居が決定しましたら、またお知らせいたします。
 

令和6年度が始まりました。橋本理事から新年度のごあいさつです。

2024-04-25
 橋本理事からの新年度のごあいさつです。 
 「入居の方々がひとり残らず社会の中に羽ばたいていったのは、力強いことでとても喜ばしいことなのではありますが、2年目に入った現在、入居者がひとりもいないのは、どこか寂しいような感じが今もしております。このことは、やはり、自分の呼びかけが不足しているということです。今後においては、自立に向かって前進していく頼もしい若者があいえるの会に関わってくださるよう、いっそうの力を持って励んでいきたいと考えているところでございます。」
 ここのところ、橋本理事からのごあいさつばかりで、なかなか新しい情報をみなさまにお伝えできずにいます。今年度はみなさまに入居者のお知らせが出来るように、前に進んでいきたいと思っています。
 昨年度できなかった施設訪問や、行政との話し合い、地域の方々との交流等、積極的に活動していきたいと考えています。みなさまの引き続きのご支援、ご協力をお願いいたします。
 

今年度も最終月になりました

2024-03-12
 今年度も残り少なくなりました。
 担当の橋本からひとこと申し上げます。「自立移行住宅への入居者が決まらないまま、年度最終月になってしまいました。コロナが5類になったとはいえ、なかなか下火にならなかったので、思うように活動ができなかったというのが本当のところです。行きたいところにも行けなかったのは大きかったですね。来年度は、思うように活動が出来ることを期待します。」
 再度、お願いです。重度訪問を利用しながら、まちでの自立生活を希望している障がい者の方は、是非、あいえるの会にお問い合わせください。(下記まで)


【連絡先】
  電話 024-954-5504 /FAX 024-925-4558
          (あーすろーど担当 橋本)
  ※電話は、平日の9時から17時までの間にお願いします。
  ※もしくは、ホームページの問い合わせフォームからご連絡ください。
  

あーすろーどへの問い合わせが少しずつですが来ています

2024-02-08
 今年も、早いもので1ヶ月が経ちました。
 少しずつですが、入居希望の方の問い合わせが聞かれるようになりました。
 現在、あーすろーど運営プロジェクトとして、各事業から担当者が集まって会議を開いています。ヘルパー不足も課題のひとつとして上がっています。まちで自立生活をしていくためには、ヘルパーの存在が必要になってきます。福祉の現場だけではなく人材不足が叫ばれていますが、私たちは、魅力あるヘルパーの仕事を実際に知ってもらうために、自立生活をされている方々が自分用のチラシ等作って配布したりもしています。自立生活をする上で、家族の理解も必要になってくるため、今後、親御さんと一緒に「自立生活をするために」勉強会等をしていこうという話もでています。ひとつひとつ積み上げていきながら進めていきたいと思います。
 橋本理事から、次のようなお話がありました。「これから、半年に一回くらい行政との話し合いもしていけたらいいなあ。マスコミにもPRしていきたい。それから、1年に1回くらい大々的にPR活動がしたい。交通安全週間のように、1週間集中してあーすろーど週間を作ることも必要かな。あと、この前うすいデパートに行ったらチョコレート売り場に地球儀の変わったチョコレートが売ってたんだ。あーすろーども地球儀のマスコット人形なんか作ったらどうかな。あーすろーど週間に向けてやってみたらどうかな。いろいろ考えんだけど、とにかく、支援学校や福祉施設の訪問は続けていきたいと思うね。」
 今年は、一人でも入居者を迎えられるようにしていきたいと思います。
 

橋本理事(事務所の相談室にて)です
(2019年10月2日~11月18日まで挑戦していました)
【クラウドファンディング無事に達成!多くの方々のご支援、ありがとうございました!】
 自立移行住宅担当の大島です。皆様のご支援のおかげで、プロジェクトを成立させることができました。しかもセカンドゴールまで!ありがとうございました。
 
 工事は順調に進んでおります。来年4月の完成までには、皆さんから頂いた資金をもとに、自立移行住宅の共用備品を購入させていただきたいと思います。
 先日、リビング用のテーブルを見学に行って来ました。電動車いすで使用できるテーブルは高さが合わず、規定のものは難しいと思っていましたが、高さをオーダーすることができることを知りました。使いやすいテーブルを購入するために、利用予定者と相談しながら注文購入していきたいと思います。
 自立移行住宅には、たくさんの共用備品が必要です。皆様の応援に応えることができるように吟味して選び、大切に使わせていただきます。途中、どんな備品を購入したか、また工事の進捗状況も続けてお知らせしていきます。これからも応援よろしくお願いします。
 ご支援、応援本当にありがとうございました。
 

【ご支援いただきました皆様】(掲載ご希望の方のみ掲載しています)※順不同
〇50,000円以上のご支援
飯田しのぶ 様
株式会社トラベルデータ 様
特定非営利活動法人メインストリーム協会様
オク 様
特定非営利活動法人ちゅうぶ様
和泉文子様
チームもちもち様
白石清春様
 
〇30,000円のご支援
三宅貴大様
安孫子健一様
 
〇10,000円以上のご支援
田中恵美子様、水島秀俊様、増子由美様、柳沼清正様、特定非営利活動法人しんせい様
土屋葉様、緑川洋様、森和枝様、白石栄子様、今村登様、Tomoko Campbell様
ミヤK様、株式会社水魚代表取締役 名村考太様、宮本順子様
古市貴之様、添田祐司様・智子様、伊藤達宏様、丹野大様、國井康代様、角田ミキ子様、七海稔様、いとうようこ様


特定非営利活動法人
あいえるの会
〒963-8022
福島県郡山市西ノ内二丁目11-15
TEL.024-954-5504
FAX.024-925-4558
TOPへ戻る