本文へ移動

自立移行住宅 あーすろーど

2階が自立移行住宅あーすろーどです

自立移行住宅「あーすろーど」とは

自立移行住宅のイメージ(模型)
 あいえるの会では、地域での自立を目指す障がい者のために、自立移行住宅「あーすろーど」を建設しました。
自立移行住宅「あーすろーど(地球への道)」という名前には、理事長の3つの思いが反映されています。
 
  1. 地球の大地に根付かせる自立生活
  2. 障がい者自身の動き(道(ロード)を歩む)が社会を変え、さらに地球を守ることに繋がると信じて
  3. 障がい者の自立を明日(アース)につなげていき、後輩の自立を促していく
 
 あいえるの会の自立移行住宅は、生活の全てにおいて介助が必要な、重度訪問介護を利用して生活する人たちが入居対象になります。グループホームや入所施設のように管理人や常駐のスタッフは置かず、入居者は自分で介助者を確保し、自分の生活を組み立てます。
 一方で、最初から全くサポートなしというのは不安な部分があるかと思いますので、実際に自立をしているあいえるの会の当事者がILP、ピアカンなどの必要なサポートを行う予定です。
 
 住宅を建設するにあたって、一番こだわったのは“場所”です。通常、障がい者のための施設は郊外に建設されることが多く、疎外された感があります。人が生活し、賑わっている街なかに住宅を建設することで、日常的に地域の皆様と触れ合い、関わりが増えることで、障がい者の理解につながると信じています。
 
 自立移行住宅では、3年をメドに地域へ移行してもらうこととなっています。入居中に金銭管理、介助者について、地域との交流について等、地域で生活するために必要なことを先輩たちから学びます。
 ここから多くの障がい者が自立していくことを願っています!

自立移行住宅あーすろーどのご利用について

1.どんな人が利用できますか
  • 常時介助が必要で自立を目指している方
  • 一人暮らしをした時に、重度訪問介護を利用しないと生活が難しい方
  • ILP(自立生活プログラム)、ピア・カウンセリングの受講ができる方
  • その他、理事長判断にて許可が出た方

2.入居時にかかる費用はいくらですか(201~204号室の4室)

  • 家賃   30,000円/月
  • 敷金   90,000円(家賃の3ヶ月分)
  • 水光熱費 30,000円/月
  • 共益費    1,000円/月

3.入居時に必要なものは何ですか?(利用期間は3年以内)

下記以外の生活に必要なものは、全てご用意ください。

  各部屋に、設備として、エアコン、トイレ、ミニキッチン、カーテンが付いています。

  共有スペースには、風呂、洗濯機、キッチン、電子レンジ、電気ポット、冷蔵庫、テレビ、加湿器が設置されています。風呂は二つあり、一つにはリフトが付いています。

4.1泊から利用できる部屋があります(205号室)

利用料は1泊2日 2,000円

部屋には、電動ベッド、寝具がありますので、着替え等身の回りに必要なものがあればご利用いただけます。共有スペースの物も使用できます。

「あーすろーど」ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

あーすろーどへの問い合わせが少しずつですが来ています

2024-02-08
 今年も、早いもので1ヶ月が経ちました。
 少しずつですが、入居希望の方の問い合わせが聞かれるようになりました。
 現在、あーすろーど運営プロジェクトとして、各事業から担当者が集まって会議を開いています。ヘルパー不足も課題のひとつとして上がっています。まちで自立生活をしていくためには、ヘルパーの存在が必要になってきます。福祉の現場だけではなく人材不足が叫ばれていますが、私たちは、魅力あるヘルパーの仕事を実際に知ってもらうために、自立生活をされている方々が自分用のチラシ等作って配布したりもしています。自立生活をする上で、家族の理解も必要になってくるため、今後、親御さんと一緒に「自立生活をするために」勉強会等をしていこうという話もでています。ひとつひとつ積み上げていきながら進めていきたいと思います。
 橋本理事から、次のようなお話がありました。「これから、半年に一回くらい行政との話し合いもしていけたらいいなあ。マスコミにもPRしていきたい。それから、1年に1回くらい大々的にPR活動がしたい。交通安全週間のように、1週間集中してあーすろーど週間を作ることも必要かな。あと、この前うすいデパートに行ったらチョコレート売り場に地球儀の変わったチョコレートが売ってたんだ。あーすろーども地球儀のマスコット人形なんか作ったらどうかな。あーすろーど週間に向けてやってみたらどうかな。いろいろ考えんだけど、とにかく、支援学校や福祉施設の訪問は続けていきたいと思うね。」
 今年は、一人でも入居者を迎えられるようにしていきたいと思います。
 

橋本理事(事務所の相談室にて)です

担当の橋本理事から新年のご挨拶です

2024-01-09
 新しい年を迎えました。橋本理事から新年のご挨拶です。
 「みなさん、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。去年は、前の年の持ち越された課題を十分に片付けることがなく、時間だけが過ぎたような気がしますが、今年は、新しい年は、いっそう気合いをかけ、社会のあらゆるみなさんと手を合わせて、力を合わせて、この社会の中に私たち障がい者の存在を広く知らせたいと、燃える意識を、現実のものにしていきたいと思います。この2年ばかりの間、訪れられなかった障がい者団体や関係機関には、今年こそは、数少なくてもいいから顔を出して、棚上げになっていた様々なことをやり切っていきたいと考えているところでございます。今年もどうか、多くのみなさまのお力添え、ご協力などをお願い申し上げます。」
 今年もどうぞよろしくお願いします。

担当の橋本理事から今年最後のご挨拶です

2023-12-19
 橋本理事から今年最後のご挨拶です。
 「今年も早いもので1年が暮れようとしています。私たちも、元気に活動することができました。あーすろーどをめぐることに関しても、様々な問題を抱えながら、歩んできたと思います。あーすろーどを出て行った方々は、元気に暮らしていると思いますが、問題は、その後、入居者がいなかったことです。今後も、入居する人を探し続けていかなければならないという宿題を、早く解決させないといけないと思います。これからも、私たちは、多くの障がい者の方や、その関係機関、親の会とか、各施設に、入居者を探しに声をかけていきたいと思います。その中で、私たちの大切にしている人との関わり、地域社会とのつながり、そういう事も実践していく中で、あーすろーどへの入居をしていただく方を探し続けていきたいと思います。
 今年もみなさんには大変お世話になりまして、ありがとうございました。来年も、またよろしくお願いします。」とのことです。
 あーすろーどでは、体験入居があったり、来年、入居したいという声も聞かれ始めました。本当に地域で自立して暮らしていきたいという方々を受け入れて、一人でも多くの方が、まちで暮らしていけるように支援を続けていきたいと思います。

 再度、今年最後のお願いです。
 自立をしたいと考えている方、是非お問い合わせください。
 
【連絡先】
  電話 024-954-5504 /FAX 024-925-4558
  (あーすろーど担当 橋本・大島)
  ※電話は、平日の9時から17時までの間にお願いします。
  ※もしくは、ホームページの問い合わせフォームからご連絡ください。
  

あーすろーどを出て自立された方への心境をお聞きしました(その4)

2023-12-21
 最後に本栁牧子さんにお聞きしました。今回も、直接お会いすることができませんでした。日中活動の場でお聞きしたものをお知らせします。暖かくなったら会いに行けたらいいなと思っています。

質問1 自立されて半年以上経ちますが、郡山のまちに住んでみてどうですか?
本栁: 歩道がでこぼこで歩きづらいです。
質問2 経済面はどうですか?
本栁: 貯金がなかったらキツイです。物価高騰だから。
質問3 楽しいと思っていることは何ですか?
本栁: 自由に買い物ができることです。
   (橋本:私は、デパ地下巡りです。) 
質問4 素敵な友達は見つかりましたか?素敵なことはありましたか?
本栁: 今の住んでいる団地に知り合いはできました。
    住んでる近くに「エスボヌール」というドーナツ屋さんを見つけました。
質問5 健康上で工夫されていることはありますか?
   (橋本:ちなみに私はヨーグルトを食べています。)
本栁: 食べ過ぎない様にしています。季節の野菜を食べています。
質問6 来年は、どんな楽しい年にしたいと思いますか?
本栁: 普通に生きていきます。

    

2回目のあーすろーど体験利用された方の投稿です

2023-12-05
 11月に、2回目の体験利用された方からの投稿です。
「9月にもあーすろーどを体験しましたが、1回目はできあいのものをスーパーで買ってきて食事を食べたのですが、2回目あーすろーど体験した時は、自分でメニューを決めてヘルパーさんに指示をして、今回は、チャーハンとたまごスープとサラダを作ってもらって食べました。」
 1回目は1泊2日、2回目は2泊3日で体験をされています。回を重ねて、ひとつずつクリアしながら、あーすろーど入居、そして自立に繋がっていくといいですね。
(2019年10月2日~11月18日まで挑戦していました)
【クラウドファンディング無事に達成!多くの方々のご支援、ありがとうございました!】
 自立移行住宅担当の大島です。皆様のご支援のおかげで、プロジェクトを成立させることができました。しかもセカンドゴールまで!ありがとうございました。
 
 工事は順調に進んでおります。来年4月の完成までには、皆さんから頂いた資金をもとに、自立移行住宅の共用備品を購入させていただきたいと思います。
 先日、リビング用のテーブルを見学に行って来ました。電動車いすで使用できるテーブルは高さが合わず、規定のものは難しいと思っていましたが、高さをオーダーすることができることを知りました。使いやすいテーブルを購入するために、利用予定者と相談しながら注文購入していきたいと思います。
 自立移行住宅には、たくさんの共用備品が必要です。皆様の応援に応えることができるように吟味して選び、大切に使わせていただきます。途中、どんな備品を購入したか、また工事の進捗状況も続けてお知らせしていきます。これからも応援よろしくお願いします。
 ご支援、応援本当にありがとうございました。
 

【ご支援いただきました皆様】(掲載ご希望の方のみ掲載しています)※順不同
〇50,000円以上のご支援
飯田しのぶ 様
株式会社トラベルデータ 様
特定非営利活動法人メインストリーム協会様
オク 様
特定非営利活動法人ちゅうぶ様
和泉文子様
チームもちもち様
白石清春様
 
〇30,000円のご支援
三宅貴大様
安孫子健一様
 
〇10,000円以上のご支援
田中恵美子様、水島秀俊様、増子由美様、柳沼清正様、特定非営利活動法人しんせい様
土屋葉様、緑川洋様、森和枝様、白石栄子様、今村登様、Tomoko Campbell様
ミヤK様、株式会社水魚代表取締役 名村考太様、宮本順子様
古市貴之様、添田祐司様・智子様、伊藤達宏様、丹野大様、國井康代様、角田ミキ子様、七海稔様、いとうようこ様


特定非営利活動法人
あいえるの会
〒963-8022
福島県郡山市西ノ内二丁目11-15
TEL.024-954-5504
FAX.024-925-4558
TOPへ戻る