本文へ移動

自立移行住宅 あーすろーど

自立移行住宅「あーすろーど」とは

自立移行住宅のイメージ(模型)
 あいえるの会では、地域での自立を目指す障がい者のために、自立移行住宅「あーすろーど」を建設しました。
自立移行住宅「あーすろーど(地球への道)」という名前には、理事長の3つの思いが反映されています。
 
  1. 地球の大地に根付かせる自立生活
  2. 障がい者自身の動き(道(ロード)を歩む)が社会を変え、さらに地球を守ることに繋がると信じて
  3. 障がい者の自立を明日(アース)につなげていき、後輩の自立を促していく
 
 あいえるの会の自立移行住宅は、生活の全てにおいて介助が必要な、重度訪問介護を利用して生活する人たちが入居対象になります。グループホームや入所施設のように管理人や常駐のスタッフは置かず、入居者は自分で介助者を確保し、自分の生活を組み立てます。
 一方で、最初から全くサポートなしというのは不安な部分があるかと思いますので、実際に自立をしているあいえるの会の当事者がILP、ピアカンなどの必要なサポートを行う予定です。
 
 住宅を建設するにあたって、一番こだわったのは“場所”です。通常、障がい者のための施設は郊外に建設されることが多く、疎外された感があります。人が生活し、賑わっている街なかに住宅を建設することで、日常的に地域の皆様と触れ合い、関わりが増えることで、障がい者の理解につながると信じています。
 
 自立移行住宅では、3年をメドに地域へ移行してもらうこととなっています。入居中に金銭管理、介助者について、地域との交流について等、地域で生活するために必要なことを先輩たちから学びます。
 ここから多くの障がい者が自立していくことを願っています!

「あーすろーど」ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大槻町にある物件を見学してきました

2022-09-20
事務所でお話を聞かせていただきました。これからお出かけの和泉さんです。
事務所に出勤して来たところです。三宅さんにも事務所でお話をお聞きしました。
 現在、入居者のみなさんは、それぞれ不動産屋さんへ足を運んで、家探しをしています。その中のひとつの物件を和泉さん、三宅さんが、不動産屋さんの担当の方、そして大家さん立会いのもと、見学をさせて頂きました。不動産屋さんは、以前、車いすの方に一軒家を紹介して下さったことがあります。大家さんは、車いすを使って生活してる人は初めてだったようで、驚いていらっしゃいました。息子さんに相談してから、住んでもらうかどうか決めたいとのことでした。
 帰りには、裏道を通って、Vチェーンが近くにあること、そして薬局が3件もあって、大通りに出ると前に確認していたスターバックス等あることがわかりました。別の大通りにも繋がっていてそこにはヨークベニマルもありました。
 お二人に感想をお聞きしました。和泉さんは「今は、明るくて便利な所に住んでるので、実際は広いのだろうけど、なんだか、暗くて狭く、息苦しい感じがしました。でも、実際に中を見せてもらうことが出来て良かったです。」とのことでした。三宅さんは「ここしかないと思った。それくらい良かった。工夫次第で生活できると思った。周りにお店などがあったので立地条件的も良かった」とのことでした。そういえば、三宅さんは、建物の中に入って床に寝転がった時に「うわ~~!いい!!」と言って、自分で起き上がって正座して部屋を見回していましたね。
 大家さんからのいいお返事がもらえるといですね。これからも、いろいろな困難に出会うことになると思います。そんな時、みんなで助け合って力を発揮して目標達成できると信じています。

担当の橋本理事から、再度入居者の方へのメッセージがありました

2022-09-08
 入居者のみなさんは、あーすろーどに入居されてからILP(自立生活プログラム)を受講されました。そして、入居3年目を迎えようとしていて、いよいよ街に出て自立をするための家探しを始めています。前回のブログで、4人の方々に、担当の橋本理事からメッセージがありました。
 今回、あらためて入居者の皆さんへのメッセージがあります。動画にて配信しますので、下記のURLからご覧ください。

担当の橋本理事があーすろーどについて綴ってくださいました

2022-08-18
 月に入ってから、早半ばが過ぎてしまいました。
 お盆休みがあって、ILPも終了しました。そこで、担当の橋本理事に、現在のあーすろーどについて思うことを綴って頂きました。

 あーすろーどにについて思うこと
 早いものであーすろーどが出来て、3年ほどの年月が経とうとしております。本来であれば、郡山市民や県民の方々に広く知ってもらうために盛大な完成披露パーティーを行おうなどと思っていたのですが、コロナの大騒ぎで、それもできなかったのは非常に残念なことでありました。
 しかしながら、入居者のみなさんのすばらしいチャレンジ精神のおかげで、新たな出発と積極的な生活をされてきたという、輝かしい歩みが続けられているというのは、本当に喜ばしいことであると私は思っております。これから、新しいお家探しや本当の意味での社会生活が待ち受けているかもしれませんが、これからも後に続く後輩、仲間のためにも積極的に生活されることを望んでおります。更に、各自のみなさまの健康と人生の冒険を楽しみながら、歩んでいただきたいと思っております。
◆緑川さんへ
私が見た限りにおいては、言語障がいもたいへん厳しい中で様々なことにチャレンジしておられるのは、たいへん素晴らしいことだと、思っております。特に大阪方面の若い方々との交流は、とても素晴らしいことだと思うので、今後とも、積極的に行っていかれるよう期待しております。将来的には役員に加わったり地域の方々と活発に交流を行うなど活躍されることを期待します。
◆三宅さんへ
あいえるの会で一番若いあなた様に対しては、燃えるようなエネルギーをいつも感じています。あなたが持つ知識や理論の組み立ては素晴らしいものを持っていると思うので今後においては、更に、見聞を広めてご自分の存在を世間に向けてもっともっと大きくアピールしていってください。そしてあなたも将来は役員になって活動の幅と質を広げていって欲しいと思います。
◆本柳さんへ
あなたとは、少し前からモールを含めて何回かお顔を拝見していましたね。人懐っこくて安心できるようなやさしさは、あなたの持ち味だと思っております。今後は、今までの豊かな人生経験を生かして何か小さな事業を始めたり、例えば、ショッピングコーナーを設置したり、ぴかっと光るような活動をされることを期待しております。
◆和泉さんへ
大変に仲の良い明るい家庭で生活をされてきたように思うのに、よくぞ郡山の町に住む決心をされたことに大変尊敬しております。若い三宅さんなどと共に養護学校での生活や平田村での生活や、ふるさとのことについてなんとなくもっと話してくださったりすれば良いのかなあなどと、この頃思っております。あなたが考えている夢や希望も是非、聞いてみたいと思っております。

※入居者4人の方々ひとり一人にメッセージをくださいました。ありがとうございました。
入居者の三宅さんと担当の橋本理事(向かって左が三宅さん、右が橋本理事です)

誘い合わせて花火大会を見てきたお話をお聞きしました

2022-08-16
 8月6日、桜木町の高台に、「ふくやま夢花火」を見るために入居者誘い合わせて行ってきたとのことです。本当は、この日は、入居者他みんなで富久山町に行って「ふくやま夢花火」を見る予定でした。タクシーを予約し、花火が上がる目の前の場所の確保もできていました。ところが、新型コロナウィルス感染拡大のため、富久山町まで見に行くことは、やむなく中止になりました。急に感染者数が増えたため、大事をとってやめることにしたのです。残念がっていると、桜木町に住んでいる職員から、「家の近くから富久山の花火が見えるよ」とのお話があり、急遽行くことにしたとのことです。ちょっと遠かったのですが、音も聞こえたし見ることが出来たとのことです。人も少なく、とてもゆっくり見ることが出来たようです。あーすろーどから歩いて5分位のところにあって、花火を見ることが出来て良かったですね。
 入居者の三宅さんから感想をお聞きしました。「今回の花火の演出が、音楽とシンクロして打ち上げるとのことでしたので、来年こそは、会場でみんなと一緒に音楽込みで見てみたいと思います。」
 来年は、みんなで行けるといいですね。

第6回ILP(自立生活プログラム)が行われました。最後のILPでした。

2022-07-28
 7月27日、最後のILPが行われました。今回は、参加者の和泉邦子さん、主催者の秋元恵子さんにお話をお聞きしました。
 最初に参加者の一人、和泉邦子さんにお話をお聞きしました。「いろんな物件を見て来たんですけど、現実は、難しい面もあると思いました。外観だけではなく、中も見てみないと、わからない部分が多いなと思いました。もう少し探してはみます。自分に合う物件というのは、なかなかないんですが、今住んでいるあーすろーどに近い物件があればいいなと思います。動きやすいところがやっぱりいいんです。」
 主催者の秋元さんからは、「今回のILPのテーマは『とにかく動き出そう』ということで、家を探すことを目的にしました。で、実際に不動産屋さんに行った時の伝え方をロールプレイをしたあと、それぞれ2班に分かれて不動産屋さんに伺って体験してもらいました。4回目、5回目の様子もブログでお伝えしていますが、不動産屋さんに行った時のことをみんなに聞きました。やっぱりみんな、まだまだ、引っ越さなくてもいいんじゃないかという迷いがあるようです。迷いがあるうちは、動けないから、まず、いつ引っ越すか、物件を民間か市営かということをはっきり決めてからでないと、動けないので、はっきり決めてもらいました。
 最後ということで、3年間、私が伝えたいと思っていることは伝えたつもりです。今後は、自分で足りないところに気付いて、もし、ILPが必要だったら、個人ILPとして、やっていきたいと思っています。入居者のみなさんは、もう充分学んできたので、地域に出ても、自分らしく生きていけると、思っています。何か、迷ったり、困ったりした時は、どうか、一緒に暮らした仲間や、自立生活事業部のみんなを思い出して、頼りにしてほしいと思います。」とのことでした。
 みなさん、あーすろーどを出る時が、いよいよ迫って来たようですね。大きな試練だと思います。先輩たちに相談しながら、仲間と励まし合いながら、進んでいって欲しいと思います。
今回のプログラムです
今まで、みんなで考えてきたことを確認し合いました。奥の左から2番目、黄色いTシャツの方が秋元恵子さんです。
学んだ感想を一人一人発表しました。正面を向いているのが、今回、お話を聞かせていただいた和泉邦子さんです。
(2019年10月2日~11月18日まで挑戦していました)
クラウドファンディング無事に達成!多くの方々のご支援、ありがとうございました!
 自立移行住宅担当の大島です。皆様のご支援のおかげで、プロジェクトを成立させることができました。しかもセカンドゴールまで!ありがとうございました。
 
 工事は順調に進んでおります。来年4月の完成までには、皆さんから頂いた資金をもとに、自立移行住宅の共用備品を購入させていただきたいと思います。
 先日、リビング用のテーブルを見学に行って来ました。電動車いすで使用できるテーブルは高さが合わず、規定のものは難しいと思っていましたが、高さをオーダーすることができることを知りました。使いやすいテーブルを購入するために、利用予定者と相談しながら注文購入していきたいと思います。
 自立移行住宅には、たくさんの共用備品が必要です。皆様の応援に応えることができるように吟味して選び、大切に使わせていただきます。途中、どんな備品を購入したか、また工事の進捗状況も続けてお知らせしていきます。これからも応援よろしくお願いします。
  ご支援、応援本当にありがとうございました。
 

【ご支援いただきました皆様】(掲載ご希望の方のみ掲載しています)※順不同
〇50,000円以上のご支援
飯田しのぶ 様
株式会社トラベルデータ 様
特定非営利活動法人メインストリーム協会様
オク 様
特定非営利活動法人ちゅうぶ様
和泉文子様
チームもちもち様
白石清春様
 
〇30,000円のご支援
三宅貴大様
安孫子健一様
 
〇10,000円以上のご支援
田中恵美子様、水島秀俊様、増子由美様、柳沼清正様、特定非営利活動法人しんせい様
土屋葉様、緑川洋様、森和枝様、白石栄子様、今村登様、Tomoko Campbell様
ミヤK様、株式会社水魚代表取締役 名村考太様、宮本順子様
古市貴之様、添田祐司様・智子様、伊藤達宏様、丹野大様、國井康代様、角田ミキ子様、七海稔様、いとうようこ様
特定非営利活動法人
あいえるの会
〒963-8022
福島県郡山市西ノ内二丁目11-15
TEL.024-954-5504
FAX.024-925-4558
TOPへ戻る