本文へ移動

市民ネットワーク

市民ネットワークって何?

 市民ネットワークとは、障がいのある当事者や市民の方々が、日常生活の中で感じている事・抱えている悩みや思いをみんなで語り合う事で、交流を深めながら様々なネットワークを広げていく事を目的として集まる会です。

令和2年度 活動報告

久しぶりの更新です!

 皆様、久しぶりの更新になってしまい、大変申し訳ありません。crying
 今年度の市民ネットワーク会議は、新型コロナの影響もあり、しばらく中断していましたが、7月16日からやっと再開できました。smiley
 ちょうど、7月15日に自立移行住宅「あーすろーど」の開所式があり、今後の入居受け入れに向けて、本格的に準備を始める時期でした。その為、今年度の市民ネットワーク会議では、あーすろーどにたくさんの人達が協力してもらえるよう、法人の活動を知ってもらえるような楽しい動画を作って公開しようということになりました。
 
 8月・9月・10月の活動では、それぞれがテーマを決めて撮影した動画を互いに鑑賞して、意見交換をしました。
 編集が不慣れで、少し時間はかかると思いますが、皆様に公開することができるよう頑張ります。laugh
 
 

活動の様子

次回の開催日程

 
日時
令和2年11月19日(木)19時から
場所労働福祉会館
内容動画撮影・編集に向けた準備など

平成29年度活動報告

平成29年6月の活動報告

市民ネットワークの今年度の活動計画がようやく決まりましたのでお知らせします。
  7月…暑気払い
  8月…日頃の困った体験談~ヘルパー利用中、介助中に困ったこと~
  9月…それぞれの報告会
10月…芋煮会
11月…リハビリの先生を招いての体操~あいえる体操を考えよう~
12月…クリスマス会&マジックショー
  1月…移送問題
  2月…移送問題~差別解消法と絡めて~
  3月…今年度の振り返りと来年度の計画
 
私たちも、地域のイベントに参加していろんな人たちと交流していく事も大切だという事で、7月は開成山公園のビール祭りに参加しての暑気払いを行なおう!という事に決まりました(^▽^)人(^▽^)
 
 
◎市民ネットワークへの参加者を大募集しております!お友達を誘ってお気軽にご参加くださいね♪
 

平成29年5月の活動報告

4月1日に「郡山富田駅」が開業となり、そのオープニングセレモニーに参加した、橋本さん・外山さん・孝男さん・小林さん・宮下さんから、富田駅についての報告を聞きました。
郡山富田駅は、
・エレベーターや多目的トイレが広くて使いやすい。
・駅周囲に駐車場はないため車で行くのは不便そうだ。
・点字の案内板や点字ブロックの位置は、視覚障がいの方には分かりにくい。修正が必要ではないか。
という報告がありました。
また、生活介護たいむILの利用者さんたちも、郡山富田駅に行く予定を立てているそうです。
みんなで駅を利用しながら、さらに利用しやすい駅になっていくといいですね。
 

平成29年4月の活動報告

4月の市民ネットワークは、毎年恒例となった「お花見」を開成山で開催しました。今回は、YMOの皆さんと合同でのお花見でした。
お花見写真は「次回の開催日程」の下にアップしていますので、ご覧ください♪

平成28年度活動報告

平成28年8月の活動報告

 8月のテーマは「移送問題」です。”夕方や夜間、必要時に福祉タクシーの予約が取れないために困っている”という声が多いことから、今回は担当の栁沼さんと大野さんが「郡山市における福祉車両移送事業の現状」を調査することになりました。そこで、郡山市内でタクシー事業を行っている事業所へ、栁沼さんが作成した「福祉有償運送業務に関するアンケート」を郵送し、返答を待ちました。アンケートの主な質問項目としては、
○福祉有償運送業務を知っているか
○福祉有償運送に使用できる車両の保有台数ついて
○運送しようとする旅客の範囲
○運転者が所持している免許や資格等
○運行管理者の人数
○福祉車両の有効活用を目的として、各事業所の皆さんで「福祉有償運送業務ネットワーク(仮称)」を立ち上げ体制が整った場合には参加していただけるか
 
というものでした。
しかし、22社の事業所へ郵送したにもかかわらず、残念なことに回答を頂けたのはたったの5社。これでは、市内の車両移送事業の現状を充分に把握するには至りませんでした。
こんなにも、福祉車両移送事業に関心のない事業所が多いという事なのか。これでは「福祉有償運送業務ネットワーク(仮称)」の実現は夢物語で終わってしまうのでしょうか…。
では実際に福祉タクシーを利用している利用者はどのくらいいるのか、タクシーを必要としている人数が少ないからこのような結果となってしまったのか。
いずれにしても、私たちが福祉タクシーを積極的に利用していくことで、タクシー事業所側にも「私たちが困っている」という現状を真剣に受け止めてもらい、改善して頂きたいと思います。
 

平成28年7月の活動報告

今月は宮下さんと外山さんが担当で、あいえるの会のヘルパーの現状について調べた事を報告しました。
宮下さんは、あいえるの会のヘルパーの始まりについての話をし、また現在登録しているヘルパーの人数・年齢などを調べた結果を報告しました。現在登録しているヘルパーさんたちは60代の方が一番多いということ、そして若い世代のヘルパー登録者が少ない現状であるということでした。
外山さんは、その中でもあいえるの会の登録ヘルパーとして長期にわたり活躍してくれている方へ、ヘルパーという仕事を長く続けられている秘訣や仕事の魅力をインタビューしてくれました。
「時給が良い」「人との関わりを考えさせられ毎回学びとなっている」「自分の人間性のスキルアップになっている」「感謝されることもありやりがいを感じる」「新規ヘルパーの登録呼びかけも大切だが、既存のヘルパーの意見も聞きながらヘルパーが辞めないようにしてほしい」など、ヘルパーさんからの様々な声があったようです。
では、ヘルパーを長く続けてもらうために、ヘルパーを利用する側としてはどのような事を気をつけていく必要があるのか?みんなで話し合いました。
 
ヘルパー側・ヘルパーを利用する側の双方の意見や思いを聞き、お互いが考える。この小さな積み重ねがヘルパー不足解消に繋がればいいと思います。
このような場はとても大切な機会であり、必要な時間であるとあらためて実感した今回の市民ネットワークでした。
 
 
 
 

平成28年6月の活動報告

今月の市民ネットワークは、担当の小窪さん、孝男さん、増子さんの3名が中心となり、「移送問題」について話をしました。
まず小窪さんが、”あいえるの会で有償運送を行うための要件”や”タクシー事業を行う要件”について調べてくれました。それによると、設備、車両、資格、人員等の様々な要件があり、それをすべて満たすことで可能となるということでした。
次に孝男さんが、緊急時の移動手段について、実体験をもとに話をしました。交通事故に遭ったときに、言語障がいがある事で救急隊員の方になかなか自分の言葉を理解してもらえなかったこと、家族を呼んでくださいと言われたが、妻も車いすなのですぐには来れないこと。また、夕方病院へ行こうとしても、17時以降は福祉タクシーはやっていない、と断られ困ったということでした。
増子さんは、実際に警察署へ行って、地域の障がいのある方への対応をどうしているのかという事を確認してくれました。やはり、警察としても、どこのお宅にどんな障がい・高齢の方がいて、どんな支援が必要かという事をすべて把握することは出来ていないそうです。
 
私たちが出来ることとして、消防署や警察署、交番と関わりを持ち、何かあった時に協力・理解を得られる関係性を築いていく事が必要だという事でした。
 そこで、タクシー事業所へは17時以降も福祉タクシーの利用が出来るよう、消防署へは、タクシーがつかまらずやむを得ない状況では救急車を使えるように、これから要望していこうという事に決まりました。

平成28年5月の活動報告

5月のテーマは「ヘルパー不足」ということで、あいえるの会のヘルパー利用者にアンケートを行ない、利用している理由や他事業所との違いなどを聞いてみました。
その結果、“あいえるの会のヘルパーは、高齢の方の介護ではなく、障がい者への支援に慣れているのでよい” ”単に利用者とヘルパーだけでない、人間的な関わりがある”という声がありました。
 
また①ヘルパーと利用者はどのような関係が良い関係なのか、②より良く付き合っていく為に、お互いにどのような事を気をつける必要があるか、という事をネットワーク参加者に考えてもらいました。
一人一人違った意見や考えがあり、自分が気づかなかった意見もたくさんありました。
今日の話し合いの中で出された様々な意見を意識して今後お互いに行動していくことで、利用者とヘルパーの良い関係作りに繋がるといいですね。
 

平成28年4月の活動報告

 今月の市民ネットワークでは、4月9日(土)に行われたお花見の反省と、今年度の活動計画について話し合いました。
今年度の前半は、「ヘルパー不足」と「移送問題」を中心とした話し合いを行っていきます。
活動内容は、以下のように決まりました。
 
5月〔ヘルパー不足〕あいえるの会のヘルパーを利用している利用者に、利用している理由や他事業所との違いを聞いてみる
6月〔移送問題〕①あいえるの会で移送事業は出来ないのか?②緊急時の移動手段について
7月〔ヘルパー不足〕あいえるの会で活動しているヘルパーに、あいえるの会へ登録したきっかけを聞いてみる
8月〔移送問題〕郡山市の移送サービス事業所の現状を調べる
9月〔ヘルパー不足〕ヘルパー募集の方法を考える
10月〔移送問題〕バス利用時の問題・課題を話し合う
 
今年度も私たち市民ネットワークメンバーは、私たちが暮らしやすい街づくりの為に様々なテーマで話し合いを続けていきます!
ゆる~く和やかな会議なので、是非是非皆さんのご参加お待ちしております(^O^)

忘年会を行いました♪

 12月は、市民ネットワークメンバーでの忘年会を開催しました!
当日は、増子さんが手作りしてくれた、サラダ、サンドイッチ、から揚げ、その他たくさんの種類のオードブル、さらにはクリスマスケーキまで焼いてきてくれました
 橋本さんの乾杯の挨拶で始まり、おいしいお食事を囲みながら、今年1年の振り返りを一人一言ずつ話しました。その後は、クリスマスという事でそれぞれが持ち寄ったクリスマスプレゼント交換ラストは、小林さんによるスーパーマジックショーで、忘年会は大いに盛り上がりました
※本当に素晴らしいお料理の数々がテーブルに並びましたが、誠に残念ながら、料理を取り分ける前の写真を撮るのを忘れてしまいました
みなさま、今年1年間お疲れ様でした!来年も市民ネットワーク活動みんなで楽しくやっていきましょう!
 
 

お花見を開催しました!

 去る4月9日(土)、開成山公園にて市民ネットワークメンバーを中心にお花見を行いました。
今回のお花見の目的は、普段活動を行なっている会議室を飛び出して、みんなでお花見を楽しもうという事と、公園に訪れているたくさんの方々に、ヘルパー募集と市民ネットワーク新メンバー募集のチラシを配って呼びかけをしていこう、というものでした。
午前11時に開成山公園に集合し、初めにみんなで手分けしてチラシを配布しました。ほとんどの方が快くチラシを受け取ってくれました。チラシを見て、1人でもあいえるの会や市民ネットワークに興味を持ってくれた方が居ると嬉しいですね。
それから宴会の始まりです。今回はネットワークメンバー以外にも、ボランティアとして参加してくれた方や、あいえるの会の職員も家族を連れて参加してくれたりなど、約40名が集まりました。おにぎりを食べ、お団子を食べ、大いに盛り上がりました。お天気にも恵まれ、満開の桜の下で楽しいひと時を過ごしたのでした。
障がいがあってもなくても、地域で楽しく過ごしたいという気持ちはみんな同じです。そして、障がいのある方が一緒に生活していくためには、介助が必要です。ヘルパーが不足している現状を知ってもらい、一人でも多くの方がヘルパーという仕事に興味を持つきっかけを作っていけるよう、私たち市民ネットワークメンバーも今年度も頑張っていきます!!

平成27年度活動報告

平成27年11月の活動報告

今月は、『身内の介護の大変さ』というテーマで、小林さん・秋元さん・大野さんの3名が、それぞれの経験談を語ってくれました。
介護を続けていく為には、一人で抱え込まないこと。そして時には息抜きの時間も必要です。本人・家族・親戚・ケアマネージャーと話をし、介護保険制度を活用しながら、身体面・精神面の負担の軽減をして、「一人で頑張り過ぎない」ことが大切だということでした。
本人にとっての幸せな生活とは何か、それを家族がどのような形で支えていくのか、私たちが生きていく中で誰もが一度は考えていかなければならない事ではないでしょうか。
 
 
また、先月の話し合いで作成された「郡山富田駅新設における要望書」を、12月1日(火)に、市民ネットワークを代表して橋本さん・塩田さん・秋元さんが市役所へ提出することに決まりました。

平成27年10月の活動報告

新設される「郡山富田駅」について、誰もが使いやすい駅となるように、市民ネットワークとして要望書を出すことになりました。 
まずは、橋本さんが考えてきた“たたき案”をもとに、どのような設備が必要か、私たちが安心・安全に駅を利用するために必要なことは何か、みんなで意見を出し合いました。
今回の話し合いによって完成した『要望書』を来月、郡山市に提出する予定です。
私たちの意見が反映され、障がいのある方が外出のきっかけとなるような駅になる事を願います。 

平成27年9月の活動報告

今月は、担当の緑川さんと松本さんが、他国の福祉と日本の現状について調べ報告してくれました。
 
緑川さんが調べたのは、「デンマークの障がい福祉」です。デンマークでは、補助器具や支援が無償で受けられるものもあるという事や、バリアフリーの建物が増えていて、障がいのある方の社会参加も積極的という事でした。
松本さんは「ドイツの社会事情」を報告してくれました。ドイツは、車いすやベビーカーでも移動しやすい環境が整備されており、なにより、”障がい者”に対して特別扱いせず、自然に受け入れられているという事でした。
  また、松本さんが「日本の潜在ホームヘルパーの現状」についても調べてくれました。それによると、資格を持っているのに現在ヘルパーの活動をしていない人の割合が非常に高いそうです。
そんな潜在ヘルパーの方々を、福祉の現場に呼び戻す方法を考えていくことがヘルパー不足解消のカギになってくるのではないでしょうか。 

平成27年8月の活動報告

7月は天候不良により中止となり、活動は8月に繰り越しとなりました。
 
「移送問題」について、5月6月の話し合いの内容をもとに、今後私たちが何をすべきかという事をみんなで考えました。
 まずは、タクシーの利用についてタクシー協会と話し合いを行う事。そして、福祉有償運送についても要望書をまとめ、市民ネットワークの代表者が郡山市へ要望していくという事に決まりました。
しかしその為には、どのようにしてタクシー協会との話し合いの場を設けるのか、また、要望書はどのようにまとめていくか、私たちの声をどのように織り交ぜていくのかなど、具体的なことはこれから少しずつ進めていきたいと思います。
 
 
 

平成27年5月・6月の活動報告

5月~7月にかけて、「移送問題」をテーマに話し合いを行っています。
私たちの外出時の移動手段の一つとして欠かせないのが、福祉タクシーです。
5月は、福祉タクシーの利用の現状や問題点について話し合い。6月は『福祉有償運送』の勉強会を行いました。
これらの話し合いや意見を、市民ネットワークの中だけで終わらせるのではなく、具体的に煮詰めて文書にしてまとめていこうということになりました。
 
 

平成26年度活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

5月の活動報告

2014-05-15
 5月の市民ネットワークでは「放射能についての理解を深める」をテーマに、原子力発電所の仕組みやそのメリット・デメリットを学び、放射能の危険性についての再確認を行いました
原子力発電に頼らない生活を実現するために、私たちにどんなことが出来るのか、話し合いました

4月の活動報告

2014-04-17
4月17日(木)の市民ネットワークでは、平成26年度の活動予定について話し合いました
ヘルパー不足、住宅問題、移送の問題、交通問題…と、みんなが困っている事が次々と挙がり、白熱した議論が繰り広げられました
それぞれ担当を決めて、5月から毎月これらのテーマについての話し合いを行い、いったい何が問題なのか、その解決策や私たちがやるべきことなどを考えていきます

平成25年度 活動報告

H25年4月
今年度話し合いたいことについてのフリートーク
5月
今年度話し合いたいことについてのフリートーク
6月
今年度話し合うテーマの担当者決め
7月
お茶会&ぶっちゃけトーク  
 お菓子をつまみながら、それぞれ思っている事を自由にトークしました。
8月
街づくり   
 交通問題や、みんなが住みよい街について話し合いをしました。
9月
介助の事・ヘルパー不足  
 介助について、また、ヘルパー不足の問題を話し合いました。
10月
ミュージカル  
 自立と恋愛をテーマにした劇「元気君、恋をする!」の練習
11月
ミュージカル  
 自立と恋愛をテーマにした劇「元気君、恋をする!」の練習
12月
ミュージカル  
 自立と恋愛をテーマにした劇「元気君、恋をする!」の練習
H26年1月
ミュージカル  
 自立と恋愛をテーマにした劇「元気君、恋をする!」の練習
2月
ミュージカル  
 自立と恋愛をテーマにした劇「元気君、恋をする!」の練習
3月
ミュージカル発表  
 H25年度あいえるの会のセミナーにて、劇の発表をしました。
3月
放射能  
 放射能について、詳しく理解を深める勉強会を行いました。

H25年度セミナーで発表したミュージカル

 
 
市民の方ならどなたでも参加OKです♪
興味のある方、参加したい方はこちらまでお気軽にご連絡ください。
 
あいえるの会 市民ネットワーク
TEL 024-934-0118
 
特定非営利活動法人
あいえるの会
〒963-8022
福島県郡山市西ノ内二丁目11-15
TEL.024-954-5504
FAX.024-925-4558
TOPへ戻る