自立移行住宅 あーすろーど

 

自立移行住宅「あーすろーど」とは

自立移行住宅「あーすろーど」とは
 
自立移行住宅のイメージ(模型)
 
 あいえるの会では、地域での自立を目指す障がい者のために、自立移行住宅「あーすろーど」を建設しました。
 自立移行住宅「あーすろーど(地球への道)」という名前には、理事長の3つの思いが反映されています。
 
1.地球の大地に根付かせる自立生活
2.障がい者自身の動き(道(ロード)を歩む)が社会を変え、さらに地球を守ることに繋がると信じて
3.障がい者の自立を明日(アース)につなげていき、後輩の自立を促していく
 
 あいえるの会の自立移行住宅は、生活の全てにおいて介助が必要な、重度訪問介護を利用して生活する人たちが入居対象になります。グループホームや入所施設のように管理人や常駐のスタッフは置かず、入居者は自分で介助者を確保し、自分の生活を組み立てます。
 一方で、最初から全くサポートなしというのは不安な部分があるかと思いますので、実際に自立をしているあいえるの会の当事者がILP、ピアカンなどの必要なサポートを行う予定です。
 
 住宅を建設するにあたって、一番こだわったのは“場所”です。通常、障がい者のための施設は郊外に建設されることが多く、疎外された感があります。人が生活し、賑わっている街なかに住宅を建設することで、日常的に地域の皆様と触れ合い、関わりが増えることで、障がい者の理解につながると信じています。
 
 自立移行住宅では、3年をメドに地域へ移行してもらうこととなっています。入居中に金銭管理、介助者について、地域との交流について等、地域で生活するために必要なことを先輩たちから学びます。
 ここから多くの障がい者が自立していくことを願っています!
 

「あーすろーど」ブログ

「あーすろーど」ブログ
フォーム
 
予告通り、動画の公開です!
2021-01-22
 昨日、若い入居者三宅さんと、橋本担当理事が対談しました。
 入居されて、早2ヶ月が経ち、年も明けましたので、担当からお話を聞かせていただきました。
 動画にアップしましたので、是非ご覧下さい。
 
※下記のURLからご覧下さい。
 
1月18日、4人目の方が入居されました
2021-01-20
 最後の4人目の方が入居されました。これで、4人全員の入居となりました。
 ご本人から、お話をお聞きしました。「自分らしく生活がしたい。それぞれ、やり方があると思いますが、私は自分のやり方で生活をしていきたい。それが、たとえ間違っていたとしても。」ということでした。
 4人の入居者は、ILP(自立生活プログラム)を受講しすることになっています。いつか、それぞれが、貸家やアパート等を探して、新しい生活をしていくことになります。始まったばかりですが、みなさん、意気込みが凄いです。一人でも多くの方が、自立をしていくことができる様に、今後も応援よろしくお願いします。
 
※写真は、交流スペースでの緑川さんです。
 
緊急事態宣言一部地域発令の中、動画アップの予告です!!
2021-01-14
 緊急事態宣言が東京を中心に全国11都府県で発令されました。それでも、私たちの日々の生活は、変わりなく営まれていきます。アシスタントは、細心の注意を払いながら介助にあたっています。守らなければならないことを守りながら、コロナが終息するのを待ちながらの生活です。
 そうした中、11月15日に最初の2名の方が入居され2ヶ月が経過しました。若手で自立生活事業部で働いている三宅さんがその一人です。2ヶ月生活してみて、感じたことなど、橋本担当理事と対談してもらうことになりました。月に1~2回のペースで行い、みなさんに動画でご覧いただく予定です。第1回目は1月21日に予定しています。みなさん、是非ご覧ください。
 最後にもう一度お願いです。男性アシスタントを募集しています。朝6時~夜11時(交替制)の間で仕事をしてくださる方を募集しています。是非、是非、応募をお待ちしています。新しい世界に飛び込んでみませんか?
 
※写真は、白石理事長考案「介助は5Yでいきましょう」。以前にも見てもらいしましたが、再度、掲載しました。
 
あーすろーどへの思い(橋本担当理事)
2021-01-13
担当理事の橋本広芳です。新しい令和3年を迎えて早半月が経とうとしています。今更、言うまでもないことではありますが、コロナ禍の最中にあって、経験したことのないような不安を抱えて、またアシスタント不足を抱えて、大きな波を一斉にかけられているような気分であります。当たり前の、本当なら出来ることばかりですが、私の思いをお伝えしたいと思います。
 
①あーすろーどに入居した方々と、以前の様に語り合いたい。
②共用スペースでミニ展覧会やミニ音楽会、餅つき大会などを行いながら、地域の方々と交流をしたい。
③入居者の方が、テレビやマスコミに広く登場して、郡山市民に向かって広くメッセージを発表していってほしい。
④駅前やイトーヨーカ堂前でのアピール行動や、市民ネットワーク、GA会議などに積極的に参加していくと同時に、現在お休みしているYMO会議も復活させていきたい。
 
若い人たちには、若い人たちの独特の考え方もあるので、こんなことを思いながら、何をどのようにしたいのかを一緒に掘り下げていくことも、考えていければ良いかもしれないなぁ、といつものひとり言でありました。
 
※写真は、開所式(昨年7月15日)前におどける橋本理事と、笑顔が素敵な宮下理事
 
1月18日に、4人全員が揃います。
2021-01-06
 緑川さんご本人、橋本担当理事からもお知らせしましたが、1月18日にようやく4人全員の入居が叶う予定です。月1回のILP(自立生活プログラム)を行いながら、自立に向けての、新たな生活が始まります。
 昨年は、コロナの影響で、大変でしたが、それを乗り越えてここまできました。アシスタント(ヘルパー)不足については、ここに来て出てきたことではなく、長年の課題でした。入居者は、その問題にも取り組み、今後も重度訪問の自分たちのアシスタントを探していくことになります。先輩たちの体験話を聞きながら、仲間たちと相談し合いながら、進んで行くことでしょう。とても力強さを感じます。
 24時間介助が必要な方が一人で生活していくためには、月に700時間の介助が必要になります。実際には、重度の障がい者に対して、そこまでの介助が保障されていないのが現状です。市に申請をして時間数を確保しなければなりません。入居者全員が、今後の自立に向けても介助保障は必要なことで、それぞれが、相談員に相談しながら確保していくことになります。保障された上で初めて、自分の暮らしができるようになります。介助をするアシスタントが少しでも多く出てきてくれることを期待するばかりです。
 
※写真は昨年のILPの写真
 先輩たちに囲まれて夢を語り合った入居者たち
   
(10月2日~11月18日まで挑戦していました)
クラウドファンディング無事に達成!多くの方々のご支援、ありがとうございました!
 自立移行住宅担当の大島です。皆様のご支援のおかげで、プロジェクトを成立させることができました。しかもセカンドゴールまで!ありがとうございました。
 
 工事は順調に進んでおります。来年4月の完成までには、皆さんから頂いた資金をもとに、自立移行住宅の共用備品を購入させていただきたいと思います。
 先日、リビング用のテーブルを見学に行って来ました。電動車いすで使用できるテーブルは高さが合わず、規定のものは難しいと思っていましたが、高さをオーダーすることができることを知りました。使いやすいテーブルを購入するために、利用予定者と相談しながら注文購入していきたいと思います。
 自立移行住宅には、たくさんの共用備品が必要です。皆様の応援に応えることができるように吟味して選び、大切に使わせていただきます。途中、どんな備品を購入したか、また工事の進捗状況も続けてお知らせしていきます。これからも応援よろしくお願いします。
 ご支援、応援本当にありがとうございました。
 

【ご支援いただきました皆様】(掲載ご希望の方のみ掲載しています)※順不同
〇50,000円以上のご支援
 飯田しのぶ 様
 株式会社トラベルデータ 様
 特定非営利活動法人メインストリーム協会様
 オク 様
 特定非営利活動法人ちゅうぶ様
 和泉文子様
 チームもちもち様
 白石清春様
 
〇30,000円のご支援
 三宅貴大様
 安孫子健一様
 
〇10,000円以上のご支援
 田中恵美子様、水島秀俊様、増子由美様、柳沼清正様、特定非営利活動法人しんせい様
 土屋葉様、緑川洋様、森和枝様、白石栄子様、今村登様、Tomoko Campbell様
   ミヤK様、株式会社水魚代表取締役 名村考太様、宮本順子様
 古市貴之様、添田祐司様・智子様、伊藤達宏様、丹野大様、國井康代様、
 角田ミキ子様、七海稔様、いとうようこ様
qrcode.png
http://aierunokai.com/
モバイルサイトにアクセス!
 
<<特定非営利活動法人 あいえるの会>> 〒963-8022 福島県郡山市西ノ内二丁目11番15号 TEL:024-921-3567 FAX:024-925-4558